ガラガラ池

| Archives
ホーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファミ通文庫
書名:バカとテストと召喚獣10
発売日:2011/12/26
著者:井上堅二
イラストレーター:葉賀ユイ

あらすじ

総員、再びペンを執れ! 白熱のAクラスリベンジ!!

ついにAクラスとの再戦を迎えた明久たちFクラス。雪辱を果たすため、そしてA教室の大画面で秘蔵DVDを観るため(一部関係者談)気力充分な彼らだったが、前回苦戦を強いられたAクラスも今回は序盤から全力全開! 試召戦争は午前中から早くもクライマックス状態に。そんな中、突然三年生の首席がFクラスを訪れ謎の言葉を残していく……。『美形は帰れ!』(動物園の皆さん)果たして二年最強クラスの座はどちらの手に!? 風雲急を告げる第10巻!!

感想

『バカとテストと召喚獣』シリーズ第10巻です。二桁巻数となり物語も佳境に入ってきたようです。

久々に全編戦争ををした巻でした。最近戦争が少なかったのでその点は満足できました。しかしFクラスらしい戦い方を行い雄二の味方をも騙す作戦で勝利を確実なものにところまでは良かったのですが、最後の最後に強制的に中断させられてしまいフラストレーション溜まりまくりです。これは良くないんじゃないでしょうか。生徒の学習へのモチベーションを高く持たせるため導入された試験召喚戦争がこのような形で中断させられてしまうと本末転倒であると思います。

2年vs3年の学年対抗を実現するための展開だったのかもしれませんが他にやりようがあったと思います。最後まで面白かっただけに非常に残念でした。

スポンサーサイト

MF文庫J
書名:豚は飛んでもただの豚?
発売日:2011/12/22
著者:涼木行
イラストレーター:白身魚

あらすじ

元不良でこの春から高校生になる真宮逢人は、バイト先から逃走する食い逃げ犯を追いかけていた。逃げられそうになったところを、ポニーテールの美少女・藤室綾の純白の……――ではなく、ハイキックに助けられる。真宮はその日から、綾のことをなぜか忘れられずにいた。高校の入学式当日、真宮の席の目の前には、見覚えのあるポニーテールが揺れていて、思わぬ再会を果たす。さらに、バイト先には綾の妹・瑞姫までやってきて、新しい日々が始まる予感。そんなある日、真宮は瑞姫から「綾姉のこと気になるんでしょ?」と告げられ――。第7回新人賞〈最優秀賞〉受賞作・元不良の少年と美少女三姉妹が織り成す、青春×初恋×ぽんこつストーリー堂々開幕!!

感想

MF文庫J第7回新人賞《最優秀賞》受賞作品です。イラストは『ココロコネクト』シリーズ等の挿絵を担当している白身魚氏。

まず一番気になったのはタイトル。なぜこのタイトルにしたんだろうという疑問です。確かに作中に同じ言葉が出てきますが主人公でもヒロインでもないキャラクターが言っている台詞だし、直接本編に関係が無いのですごく浮いている気がします。

あと続刊を意識しているというか前提と言うか1巻はまるごとプロローグという感じでほとんどお話は進みません。新人賞の最優秀賞受賞作ということで期待はしていたのですが、1巻だけでは評価しにくくなってしまっています。受賞した時点では完結していたのだと思いますが、受賞作を発行する際にはシリーズ化を前提に改稿されたのだろうと思います。それ自体は仕方のないことだとは思いますが、それにしてももう少し1巻で起承転結が有ったほうが読者を獲得できるのではないかと思います。

ストーリーの方はこれから3姉妹のうち長女と三女との三角関係になったりするのかな?と匂わせた所で終わっており、なんにしても続きが気になるので次巻を早く読みたいです。


MF文庫J
書名:しゅらばら!3
発売日:2011/11/23
著者:岸杯也
イラストレーター:プリンプリン

あらすじ

「ニセ恋人3人の彼氏を演じ続ける」という厄介な悩みを抱える、『彼女いない歴=年齢』の高校生・八木本一大。ある日、一大がニセ恋人の1人・星川早少女とデートをしているところに、もう1人のニセ恋人・天弓院真愛が現れる。「ニセ恋人」のはずなのに真愛から強く追及を受ける一大。その場はなんとか言い逃れたが、後日、一大の知らないところで3人のニセ恋人による、とある会談が行われていた……。「八木本一大は、ボクがつき合ってる彼氏でもあるの!」(by早少女)早少女まさかの「ホンモノ彼女」宣言!? その時2人のニセ恋人が取った行動は!? ちょっぴり「修羅場」なドタバタ系ラブコメディ、秘密が曝かれる激震の第3弾!!

感想

『しゅらばら!』シリーズの第3巻です。ついにヒロインたちのニセ恋人関係がお互いにバレてしまうというお話です。

ニセ恋人を一大にしてもらっていると明かしたヒロインたちがお互いに一歩も譲らず主導権を握るための駆け引きをする描写は面白買ったです。特に真愛はこういうことには疎いので出遅れるのかと思っていましたが、流石大財団の子息といったところでしょうか。むしろその他二人よりも頭がまわり口も達者なのでリードしている印象です。もちろんほかのヒロインたちもそれで引き下がるわけではなくお互いに自分の有利になるようお互いに牽制しあいます。また、牽制はしあっていますが、お互い友人として取り繕っている姿も見どころだと思います。

ストーリーの本筋は真愛の親戚の三隅との勝負の話でしたが、それよりもニセ恋人がお互いにバレ他事のほうがインパクトがありちょっと霞んでしまった印象です。

エピローグのシーンで早少女に似た謎の少女がいきなり一大にキスをするという展開で終わっており、非常に続きが気になリます。


HJ文庫
書名:二次元の砦を守るには不本意ながら彼女が必要らしい
発売日:2011/11/30
著者:冬樹忍
イラストレーター:作々

あらすじ

神代利樹は一人暮らしの高校生。そこに4年ぶりに現れた幼馴染の珠美が「一週間以内に恋人を作れ。出来なきゃ帰ってこい」という両親の言葉を伝える。オタ活動をするために最適な空間を守るため、やむなく彼女作りに挑む利樹だが、どうしたらいいか見当もつかない。そこで珠美たち周囲の女の子たちが利樹を支援。果たして二次元の砦は守れるのか!?

感想

鈍感な主人公に惚れているヒロインたちとのラブコメディという超ベタベタな設定ですが面白かったです。

この作品の主人公は最近珍しいくらい鈍感です。ヒロインたちはみんな好き好きアピールをしているのですが全く気づきませんが、恋愛ごと以外にはよく気がつく社交的な性格の主人公なのでイライラしたりはそんなにしません。

ヒロインはあらすじで紹介のある再開系幼馴染の珠美、クラスメイトで趣味が合う女の子の花凛、クラス委員長で隠れコスプレマニアの麻里の三名でどのキャラも魅力的なのですが主人公のオタク趣味とは合う花凛と麻里が一歩リードしている模様。しかし主人公は珠美のことが好きだったということに気づき始めているので次巻以降で珠美が一気に逆転する可能性も大いにあると思います。

冒頭に期限の一日前の話が挿入されていますが、あまり効果的ではなかったように思います。ヒロインが全員登場して騒がしい話ですが、どのヒロインがどういうキャラかよくわかってない状態ではせっっ買うの面白いシーンも良くわからずじまいでもったいなかったです。キャラクターを絞ってやるとかインパクトのあるシーンだけを一瞬挿入するとかのほうが効果的な気がしました。


MF文庫J
書名:犯人は夜須礼ありす
発売日:2011/12/22
著者:伊都工平
イラストレーター:ろんど

あらすじ

悠木葦人はある日、自宅の前で倒れていた少女を拾う。彼女の名は夜須礼ありす。おとなしいクラスメイトだった彼女は、同級生を殺害し、逃亡しているところだった。「大声を出したりしないって約束できるかしら?」「どのみちあなたは、今日のうちに死ぬしかないもの」「運がなかったわね、悠木君」目覚めたありすに凶器で脅され、葦人はありすを匿うことに。奇妙な同居生活のかたわら、彼女の殺人が信じられず、葦人は事件を調べはじめる。だが二転三転する事件の姿は、全ての出来事を一つの形に繋いでいく――。伊都工平が贈るボーイミーツガールミステリー、ここに開幕!

感想

MF文庫では珍しいジャンルがミステリーのボーイミーツガールとのことで気になったので買いました。著者は『モノケロスの魔杖は穿つ』シリーズや『さくらら!』シリーズの伊都工平先生です。

ミステリー風というだけでミステリーではありませんでした。主人公が異能を持っていてその能力を使って事件の真相を明らかにするのですが、主人公の能力のことが前半では何も説明が無いのでなぜ主人公が色々なことを確信的に悟ることができるのかがわからず、読者は自分で考えることができませんでした。

ストーリーはまぁまぁ面白いです。巨大製薬会社の城下町で陰謀をめぐらしているという設定は無難ですが説得力のある設定で良かったと思います。殺人を犯したのがヒロインではないことは早々に明らかになりますが、その後事件の真相にたどり着くまで二転三転とする展開も面白かったです。

ヒロインの夜須礼ありすですが、イマイチどういうキャラクターなのかつかめませんでした。最後も黒幕に攫われてしまって主人公が助けに行くという展開上登場シーンがめっきり減ってしまいましたので地味な印象です。次巻以降があるのであればもっと活躍するところを見てみたいなと思いました。

カウンタ
ソーシャルライブラリー
プロフィール

シバツジ

Author:シバツジ
職業:システムエンジニア
趣味:ライトノベル、ネットゲーム、フィギュア、散歩


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。