ガラガラ池

| Archives
ホーム   »  伊都工平
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MF文庫J
書名:犯人は夜須礼ありす
発売日:2011/12/22
著者:伊都工平
イラストレーター:ろんど

あらすじ

悠木葦人はある日、自宅の前で倒れていた少女を拾う。彼女の名は夜須礼ありす。おとなしいクラスメイトだった彼女は、同級生を殺害し、逃亡しているところだった。「大声を出したりしないって約束できるかしら?」「どのみちあなたは、今日のうちに死ぬしかないもの」「運がなかったわね、悠木君」目覚めたありすに凶器で脅され、葦人はありすを匿うことに。奇妙な同居生活のかたわら、彼女の殺人が信じられず、葦人は事件を調べはじめる。だが二転三転する事件の姿は、全ての出来事を一つの形に繋いでいく――。伊都工平が贈るボーイミーツガールミステリー、ここに開幕!

感想

MF文庫では珍しいジャンルがミステリーのボーイミーツガールとのことで気になったので買いました。著者は『モノケロスの魔杖は穿つ』シリーズや『さくらら!』シリーズの伊都工平先生です。

ミステリー風というだけでミステリーではありませんでした。主人公が異能を持っていてその能力を使って事件の真相を明らかにするのですが、主人公の能力のことが前半では何も説明が無いのでなぜ主人公が色々なことを確信的に悟ることができるのかがわからず、読者は自分で考えることができませんでした。

ストーリーはまぁまぁ面白いです。巨大製薬会社の城下町で陰謀をめぐらしているという設定は無難ですが説得力のある設定で良かったと思います。殺人を犯したのがヒロインではないことは早々に明らかになりますが、その後事件の真相にたどり着くまで二転三転とする展開も面白かったです。

ヒロインの夜須礼ありすですが、イマイチどういうキャラクターなのかつかめませんでした。最後も黒幕に攫われてしまって主人公が助けに行くという展開上登場シーンがめっきり減ってしまいましたので地味な印象です。次巻以降があるのであればもっと活躍するところを見てみたいなと思いました。

スポンサーサイト
カウンタ
ソーシャルライブラリー
プロフィール

シバツジ

Author:シバツジ
職業:システムエンジニア
趣味:ライトノベル、ネットゲーム、フィギュア、散歩


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。