ガラガラ池

| Archives
ホーム   »  涼木行
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MF文庫J
書名:豚は飛んでもただの豚?
発売日:2011/12/22
著者:涼木行
イラストレーター:白身魚

あらすじ

元不良でこの春から高校生になる真宮逢人は、バイト先から逃走する食い逃げ犯を追いかけていた。逃げられそうになったところを、ポニーテールの美少女・藤室綾の純白の……――ではなく、ハイキックに助けられる。真宮はその日から、綾のことをなぜか忘れられずにいた。高校の入学式当日、真宮の席の目の前には、見覚えのあるポニーテールが揺れていて、思わぬ再会を果たす。さらに、バイト先には綾の妹・瑞姫までやってきて、新しい日々が始まる予感。そんなある日、真宮は瑞姫から「綾姉のこと気になるんでしょ?」と告げられ――。第7回新人賞〈最優秀賞〉受賞作・元不良の少年と美少女三姉妹が織り成す、青春×初恋×ぽんこつストーリー堂々開幕!!

感想

MF文庫J第7回新人賞《最優秀賞》受賞作品です。イラストは『ココロコネクト』シリーズ等の挿絵を担当している白身魚氏。

まず一番気になったのはタイトル。なぜこのタイトルにしたんだろうという疑問です。確かに作中に同じ言葉が出てきますが主人公でもヒロインでもないキャラクターが言っている台詞だし、直接本編に関係が無いのですごく浮いている気がします。

あと続刊を意識しているというか前提と言うか1巻はまるごとプロローグという感じでほとんどお話は進みません。新人賞の最優秀賞受賞作ということで期待はしていたのですが、1巻だけでは評価しにくくなってしまっています。受賞した時点では完結していたのだと思いますが、受賞作を発行する際にはシリーズ化を前提に改稿されたのだろうと思います。それ自体は仕方のないことだとは思いますが、それにしてももう少し1巻で起承転結が有ったほうが読者を獲得できるのではないかと思います。

ストーリーの方はこれから3姉妹のうち長女と三女との三角関係になったりするのかな?と匂わせた所で終わっており、なんにしても続きが気になるので次巻を早く読みたいです。

スポンサーサイト
カウンタ
ソーシャルライブラリー
プロフィール

シバツジ

Author:シバツジ
職業:システムエンジニア
趣味:ライトノベル、ネットゲーム、フィギュア、散歩


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。