ガラガラ池

| Archives
ホーム   »  一迅社文庫
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一迅社文庫
書名:パンツブレイカー
発売日:2011/11/19
著者:神尾丈治
イラストレーター:丸ちゃん。

あらすじ

「半径2メートル以内に近づく者の下着を消し去る」前代未聞の能力“パンツブレイカ―”を持った少年・汐正幸。周囲に疎まれ、研究機関や宗教団体に狙われる受難の果てに、妹の美幸とともに特殊学校法人「国立醍醐学園」へやってきた。そこは正幸のような特殊な事情を持つ生徒だけを通わせるための学園だった。正幸の能力に興味を持った天才少女・姿影那はその力を解明しようとするが、影那に恨みを持つ者が襲いかかる! ノーパン異能学園ラブコメ発動!?

感想

『俺のケータイなんてかわいくない!』、『H×H!(エイチバイエイチ)』などの著者、神尾丈治先生の新作です。イラストレーターは『H×H!』に引き続き丸ちゃん。さんが担当しています。

あとがきでふざけた能力ランキングでは一迅社文庫でトップを取れる男による珍騒動と紹介されているこの作品の主人公は半径2メートル以内に近づくものの下着を消し去るという能力《パンツブレイカー》の持ち主です。こんな能力者が主人公ならギャグにしかならないと思いますが、主人公がこののうりょくのせいで一家離散になってしまった経緯や能力者への差別問題などが取りあえげられており意外にも真面目なストーリーになっています。

ヒロインの姿恵那はクールな不思議系少女でパンツを消されてもあまり気にしてない性格をしているし、妹の美幸は兄の能力に慣れすぎてパンツを予め脱いでから近づいてきたり、野生少女のサンダーは羞恥心が全く無いなど、主人公の周りの女の子がほとんどパンツを消されても平然としてるのはせっかく変態的な能力者が主人公の作品なのにもったいないなと思いました。

スポンサーサイト

一迅社文庫
書名:俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件
発売日:2011/11/19
著者:七月隆文
イラストレーター:閏月戈

あらすじ

「あなたは、我が校の《庶民サンプル》に選ばれました」

ごく平凡な高校生・神楽坂公人は、ある日突然、『清華院女学校』に拉致されてしまう!伝統と格式あるこの学校に通うのは、名家の令嬢ばかり。おまけに外の世界に出たこともなければ、同世代の「男」を見たこともないという超絶箱入りっぷり。異性と世間に免疫をつける教育のため、「庶民サンプル」として選ばれた公人だったが、ケータイ、ゲーム、漫画すら知らないお嬢様たちにとって「庶民」は憧れの存在で……!?

いきなりお嬢様にモテモテ生活スタート! ハートフル学園ラブコメディ!

感想

SD文庫の『ラブ★ゆう』シリーズの七月隆文先生の一迅社文庫での新シリーズです。本編23話と他3話を含めた全26話の連作短編形式となっています。

面白かったです。まず主人公が拉致られるお嬢様学校のお嬢様たちがありえないくらい箱入りで文化レベルも50年くらい遅れているという設定が良かったです。家族以外の男性と接したことがないという設定はよくありますが、この作品のお嬢様たちは世間から完全に隔絶された環境で一貫教育を受けており、携帯電話やインスタントラーメン等の一般人には当たり前のものすら知らないレベルというのは新しいなと思いました。

次にヒロインの愛佳も今までにないタイプのヒロインでした。ツンピュアぼっちお嬢様と紹介されているこの愛佳はどんな嘘でも信じてしまう&嘘がつけない純粋な女の子です。主人公が教える嘘の知識を全部信じて行動してしまうアホっぽさと、嘘をつけないので主人公への好意を口を抑えてごまかそうとするなどの可愛さを兼ね備えたオールラウンダーなキャラクターになっており、この作品の一番の見所だと思います。

愛佳が昔主人公と出会っていたことを思い出したところで今巻は終了しており、次巻どのような展開になるのか楽しみです。


一迅社文庫
書名:萌えるゴミは火曜日に。2
発売日:2011/11/19
著者:川波無人
イラストレーター:瑠奈璃亜

あらすじ

悪徳清掃会社を壊滅させ、平穏な日常を取り戻したかに見えた英継(勇者)たち。ふたたび同居することになった魔亜子(魔王)との仲も前進かと思いきや、新たな火種が生まれていた。転校生の美少女・灰塚一藍の猛烈アタックにタジタジの英継。怒り心頭の魔亜子はヤンキー姿に逆戻りしてしまう。一方、怪しい噂を調査していた五月雨は何者かによる超常現象を突き止めるが……。分別上等ドタバタ学園ラブコメ第2弾!

感想

『萌えるゴミは火曜日に。』シリーズの第2巻です。またまたヒロインが魔王のライトノベルです。設定はそれぞれの作品ごとに違いますが、最近本当に多いですね。

あらすじに再びヒロインの魔亜子が英継の家に同居しはじめたということで、魔亜子との仲が進展するかと思いきや…とありますがなんだかんだ言って進展するのだろうと思ってましたがあらすじに違わず本当にほとんど進展しませんでした。主人公はほとんどが新キャラとの絡みでその次にメイドアンドロイドのみーちゃん、その次に冥皇先生の順に絡みが多く、メインヒロインであるはずの魔亜子とは前編通してほぼケンカ状態でした。個人的にカツラを外した状態の優しい女の子な魔亜子が好きだったので2巻こそはたくさん見られると期待していただけに残念です。

ストーリーは相変わらずくだらない理由で事件が起こることには変わりないのですが、その事件も新キャラ登場させるためだけの取って付けたようなイベントであまり興味を惹かれるものではありませんでした。

次巻こそは魔亜子との仲が進展するようなお話になるといいなと思います。

カウンタ
ソーシャルライブラリー
プロフィール

シバツジ

Author:シバツジ
職業:システムエンジニア
趣味:ライトノベル、ネットゲーム、フィギュア、散歩


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。