ガラガラ池

| Archives
ホーム   »  富士見ファンタジア文庫
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士見ファンタジア文庫
書名:おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!2
発売日:2011/11/19
著者:村上凛
イラストレーター:あなぽん

あらすじ

美少女でギャルだけど、オタクになりたい恋ヶ崎とオタクだけど、リア充になりたい俺は協力関係を結んだ。…のだが。なりたいといって、すぐになれる訳も無く、俺は相変わらずダサイらしいし。あいつはあいつで俺の薦めた漫画やアニメは「美少女がパンツ見せてきても、面白くないのよ!」とのこと。そんな恋ヶ崎が急に「女の子のオタク友達が欲しい!」と言い始め、漫画研究部へ。そこで出会った一見地味(だけど巨乳!)な女子と意気投合し、コスプレをするらしい。しかもコスプレ費用を稼ぐためにメイド喫茶で働くことにした!?おまえ男が苦手なのに大丈夫なのか?いろいろ心配なんだが、俺をリア充にすることも忘れんなよ。

感想

『オタリア』シリーズの第2巻です。今回は恋ヶ崎と主人公がコスプレに挑戦します。

前巻の一見で恋ヶ崎とは協力関係となり普通に喋れるようになった主人公ですが、意中の長谷川とはほとんど進展無しでした。今巻では恋ヶ崎の前面サポートの下、勉強を見てもらう、そのお礼にお台場に遊びに行く約束をする、携帯電話番号の交換をする等少しずつ仲良くなっていってます。しかしながら長谷川の人物像がほとんど明らかになっておらず今巻でもお笑いのDVDをちょっと見る程度の情報しか得られませんでした。勉強を教えてもらったお礼にお台場に出かけることになった件が次巻持ち越しのようですのでそのイベントがどうなるのか楽しみです。

一方恋ヶ崎とは服を選んでもらったり、コスプレ衣装を買いに行ったりと仲良くなっており、今巻の最後では主人公が自分では気づいていないが恋ヶ崎に嫉妬する描写があったので、知らず知らずのうちに意識しはじめているようです。恋ヶ崎は主人公のことは友人としてしか見てないように思えますので、今後どうなるのか注目です。

新キャラの桜井小豆は地味だけど巨乳でよく見ると可愛いと人気の出そうな属性持ちキャラですが、今巻では主人公を敬遠していたので、殆ど絡みなくラストで和解?したでの次巻以降に期待といったところでしょうか。

スポンサーサイト
カウンタ
ソーシャルライブラリー
プロフィール

シバツジ

Author:シバツジ
職業:システムエンジニア
趣味:ライトノベル、ネットゲーム、フィギュア、散歩


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。