ガラガラ池

| Archives
ホーム   »  電撃文庫
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電撃文庫
書名:さくら荘のペットな彼女6
発売日:2011/12/10
著者:鴨志田一
イラストレーター:溝口ケージ

あらすじ

さくら荘がなくなってしまう!?絶好調の青春学園ラブコメ、波乱の第6弾!

今年度限りでさくら荘がなくなる──理事会が下した決断に、ショックを隠しきれない俺たち寮生。理由は建物の老朽化だというが、なぜこんなに急に……? もちろん納得できない俺たちは、学内で決定撤回の署名活動を行うことにする。その最中、寮がなくなる本当の理由が、世界的天才画家であるましろにあることが分かる。つまり、ましろが寮から出て行けば、さくら荘は存続する。だけど、それでいい訳ないだろ!?  必死に署名を集める俺たちだが、龍之介は「絶対に集まらない」と手伝わないし、俺のゲーム企画の最終審査結果と七海のオーディション結果もついに発表になる。そして近付く卒業式、果たして俺たちは、美咲先輩と仁さんを笑顔で送り出すことは出来るのか──!?  変態と天才と凡人が織りなす青春学園ラブコメ、波乱必至の第6弾登場!

感想

『さくら荘のペットな彼女』シリーズ第6巻。今巻は5巻終了直後からの続きで2月後半から美咲と仁の卒業式までの期間のお話です。

6巻は前巻のラストで明らかになったさくら荘の取り壊しの決定覆すことを軸に空太のゲーム企画の当落、七海のオーディション合否、そして卒業式と盛り沢山の巻でした。

今巻の私が最大の見どころだと思ったシーンは、卒業式のシーンです。卒業式では美咲が卒業生代表の答辞を述べるのですが、その内容はさくら荘に美咲がやってきてから他の住人が増えていく過程、今のメンバーになった後の思い出を語るもので、それを聞いていた誰もが自分の学生生活に当てはめて感情が高まります。私自身も自分の学生生活を思い出して懐かしい気持ちになりました。本当に感動的な答辞だったと思います。

そして卒業式が終わった後には仁が大阪へ、美咲が大学進学のためそれぞれさくら荘から旅立っていくところで今巻は終わります。もう最終回ばりの綺麗な終わり方でしたが、あとがきで鴨志田先生はさくら荘は大きな節目を迎えたが、最終巻ではないと言っており、まださくら荘は続くようです。今後は空太、ましろ、七海の3人の関係や、それぞれの将来について描かれているのかなと予想されます。

あと帯にてドラマCD化企画が進行していると告知がありました。キャストや発売時期等今後の情報に注目したいと思います。

スポンサーサイト

電撃文庫
書名:僕と彼女のゲーム戦争2
発売日:2011/12/10
著者:師走トオル
イラストレーター:八宝備仁

あらすじ

現代遊戯部の4人目のメンバーは、かなり強気な金髪ロリ巨乳!?

転入先の高校で、現代遊戯部ことゲーム部に入部する岸嶺健吾。美人生徒会長・天道しのぶや変態教師・瀬名とともに楽しい日々を過ごしつつ、彼らは同好の士を探していた。目標とするゲーム大会のチーム戦に参加するには、部員が一人足りないのだ。そして四人目のメンバー候補として現れたのは、強気な金髪ロリ巨乳の少女だった……。

有名ゲームが実名で登場する話題の人気シリーズ、待望の第2巻! リアルなゲームプレイシーンはエキサイト必至!!

感想

『僕と彼女のゲーム戦争』の第2巻です。今回は1巻のラストで登場した杉鹿まどかが現代遊戯部の4人目の仲間になるというお話です。

この小説は実名ゲームを登場人物たちがプレイするのがメインテーマとなっており、その描写については煽り文句にあるように忠実になされています。専門用語も多数登場するのですが、解説が丁寧なので家庭用ゲームをほとんどやらない私でも概ね理解することが出来ました。今巻では物語の途中に出てきた《ラグ》について、巻末のおまけ小説で解説をしてくれています。

杉鹿まどかの許嫁という平泉が明らかな悪役キャラで、これをゲーム勝負で打ち負かすというストーリーは爽快感がありました。また、平泉が雇った《宵闇の魔術師》こと権田原は強敵で、これにチーム一丸となって立ち向かい勝利したのは達成感がありました。

主人公の岸嶺がクサいセリフを臆面もなく杉鹿に言い、彼女が恥ずかしがるという所がまどかの可愛さをうまく表現できていて良かったと思います。一方で今巻は杉鹿まどかがヒロインの回だったためか、部長の天道しのぶとの絡みはあまり有りませんでした。今巻の最後に主人公は杉鹿まどかのフラグを立てていたので、今後天道しのぶとの関係もどう進展するかに注目したいと思います。


電撃文庫
書名:彼女はつっこまれるのが好き!5
発売日:2011/12/9
著者:サイトーマサト
イラストレーター:

あらすじ

音無さんやしぐれさんと一緒になんと、お泊まり旅行へ……!

ちょっと厄介なアクシデントが発生し、いつも多忙な音無さんのスケジュールに、ぽっかりと空白ができてしまう。音無さんには気分転換が必要だと感じた僕は、天乃川しぐれさんも誘い、お泊まりで一緒に旅行へ出かけることにしたんだけど──。

まどかと良人の距離がググッと縮まる急展開!? おなじみの嬉し恥ずかしドッキリ・ハプニングも、いつも以上にテンコ盛り! 第5弾を迎えて、ますます絶好調のハイテンション・つっコメディ、お楽しみにっ!!

感想

『彼女はつっこまれるのが好き』シリーズ早くも第5巻です。今回のお話は夏休みのお話です。

あらすじにあるちょっと厄介なアクシデントというのはいわゆるパパラッチ写真の流出のことで、前巻で流星がまどかを送っていったときの写真を撮られたものがネット上で噂になるというものです。購入前のあらすじを読んだ時点ではこのことには全く触れていなかったし、作品の性質上もっとライトな問題かと思っていたのですが、意外とリアルな問題だったことに驚きました。

まぁこの事件自体もその後の旅行イベントへの布石にすぎないと思いきや、次巻への強烈な引きに繋がっておりうまく伏線が張られているなと思いました。

今回もまどかと良人の掛け合いが結構あるのですが、どちらかというと妹との掛け合いのほうが面白かったです。特に今巻は妹との掛け合いが多くて笑える所が多かったです。妹は本当にいいキャラしてるので、今後も主人公と絡ませて欲しいです。


電撃文庫
書名:妹ホーム
発売日:2011/11/10
著者:柏葉空十郎
イラストレーター:有河サトル

あらすじ

妹ふたりとお兄ちゃんのホーム。だけど、ひとりは血が繋がってない!?

貧しいながらも、可愛い妹・真伊との暮らしに幸せをかみしめる佑。二人が入学した学校で、佑は幼馴染みの舞衣に出会う。彼女はセレブな美少女に成長していた。ある日、舞衣が佑の実の妹である疑惑が発覚。佑を幼馴染み以上に想う舞衣はこれを機に、佑たちと同居生活を始める。妹以上の関係になりそうな、危うい生活に佑の自制心は崩壊寸前になり!?

感想

最近流行している『妹』をテーマにしたライトノベルです。あらすじを読んだ時は、MF文庫Jの『この中に一人、妹がいる!』に似ているのかなという印象でした。

実際読んで見るとヒロインである二人のマイは『この中に一人、妹がいる!』とは逆で妹でありたいと思っているようで、恋愛と言うよりは家族愛がテーマのお話でした。特に幼馴染だと思っていた舞衣が主人公の妹ではないかということが判った後の舞衣の妹というものがどういうものかを勘違いしての暴走っぷりは凄まじく、漫画『お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!』の奈緒に通じるものがありました。(最終的には落ち着きますが…)

タイトルの妹ホーム(マイホーム)は主人公たちが住むことになったアパートのことで二人のマイはもちろん、姉川美唯(ミイ)も兄がいる妹と主人公以外は全員妹。次巻以降さらに『妹』である住人が増えるのではないかと予想できます。


電撃文庫
書名:魔王なあの娘と村人A2~牛と勇者とパンプキン~
発売日:2011/11/10
著者:ゆうきりん
イラストレーター:赤人

あらすじ

人類殲滅を企む《魔王》な娘と正義に燃える《勇者》の女の子。間に立つ《村人A》の奮闘記第2幕!!

あー、どうも。《村人》の佐東っす。なんか前回の騒動を収めたせいで、先生たちから信頼されたのか便利に思われたのかわかんないが、《魔王》竜ヶ峯桜子(りゅうがみねおうこ)の本格的な監視を頼まれちまった。なんでも今回は校庭の片隅で急に牛を飼い始めたとか。例によってあいつの人類殲滅計画に関係あるんだろうが……なんで牛? どうやって人類を滅ぼすんだ? 牛追い祭りとか? ……ともかく竜ヶ峯の目的をつかんで、トラブルメーカーの《勇者》さま、光ヶ丘翼(ひかりがおかつばさ)の武力介入を防がねば。被害を最小限に抑えて、平穏な学園生活を送れるようにしないと──ってそれって《村人》の仕事なのかよ! ……ホント勘弁してくれ。おっと噂をすれば竜ヶ峯。え、なに? 「見た目も魔王っぽくなりたいから服を買いに行きたい」だって? なるほど……ん? それ俺も行かなきゃいけないの!? え、は? なんで翼も来るんだよ! 《魔王》と《勇者》でお買い物なんて嫌な予感しかしない……!

感想

『魔王なあの娘と村人A』の第2巻です。二日連続で最近流行の?魔王系ライトノベルの感想です。一巻発売から半年経っての発売となりました。

今巻の前半は前巻と同様《魔王》の個性者である竜ヶ峰桜子の智謀?による人類殲滅計画の実行と《勇者》の個性者である光ヶ丘翼がそれを看破し妨害する。そして主人公の村人Aこと佐東がふりまわされるというお話。後半は桜子が魔王らしさを出すためのアイテムを買いに行くのに佐東が付き合わされるデート?のお話です。

今回もとにかく桜子が可愛いです。一巻の時より佐東との関係は親密になっているのですが、佐東のことを名前で呼びたいのに恥ずかしくて名前で呼べないと告白するくだりは、主人公と同じく胸がぎゅうとなるほど可愛いかったです。

また今回は前巻とではあまり目立たなかった《勇者》で幼馴染の翼の出番も増えました。桜子と佐東が親密になったことに焦りを覚えてことあるごとに桜子に突っかかってくるところが増えてようやくライバルヒロインとして活躍し始めたなという感じでした。

次巻は今巻で登場した《ロボット》の個性者、矢刳馬心(やぐるまこころ)不登校をなんとかするお話になりそうです。子のキャラもかなり個性的な人物名だったので次巻がどんなお話になるのか、またヒロイン候補になるのか楽しみです。

カウンタ
ソーシャルライブラリー
プロフィール

シバツジ

Author:シバツジ
職業:システムエンジニア
趣味:ライトノベル、ネットゲーム、フィギュア、散歩


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。