ガラガラ池

| Archives
ホーム   »  2011年10月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MF文庫J
書名:社会的には死んでも君を!3
発売日:2011/9/22
著者:壱日千次
イラストレーター:明星かがよ

あらすじ

ちょっとスケベなハプニングが起こる呪い『ラブコメ現象』のせいで、周囲から嫌われている男子高校生・薩摩八平。彼の周りにも、ようやく彼のことを理解してくれる人々(だいたい美少女……だが変態)が集まってきた。八平は、彼女らと共に無人島へと旅行へ行くことに。美少女たちの水着姿に歓喜したり、懐かしの人間大砲で飛ばされたりと、楽しい(?)時間を過ごしていた。しかし、彼の前に試練が訪れる。それは、八平が心から愛する幽霊の少女・香月の消失だった――! 純情少年と幽霊少女が織り成す、ハートフル・アンチ・ラブコメディ待望の第3弾!

感想

第6回MF文庫J文庫ライトノベル新人賞受賞作の3巻目です。私の好きなシリーズでした。残念ながら今巻で最終巻となってしまいました。MF文庫Jの3巻打ち切りの壁を超えられなかったようです…。

今巻は最終巻ということもあり、香月誕生の秘密が明らかになります。はるか昔のお姫様という雰囲気を1巻では匂わせていて私も疑っていなかったのですが、全く違うとても残念な理由で彼女が誕生したこととても驚きました。でもやはり3巻打ち切りとなってしまったので内容が詰め込まれすぎていろいろな場面がどんどん変わっていく駆け足な最終巻になってしまいとても残念に思います。もう1巻あれば今巻やりたかった話をきっちりやってから、香月誕生からラストまでの最終巻で綺麗に終われたんじゃないかと…。

私はライトノベルでは貴重な主人公が一人のヒロインに一途でバカップルなこの作品が好きでした。壱日千次先生の次回作に期待しています。

スポンサーサイト
カウンタ
ソーシャルライブラリー
プロフィール

シバツジ

Author:シバツジ
職業:システムエンジニア
趣味:ライトノベル、ネットゲーム、フィギュア、散歩


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。