ガラガラ池

| Archives
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトMF文庫J  »  いもうとがかり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MF文庫J
書名:いもうとがかり
発売日:2011/9/21
著者:月見草平
イラストレーター:pun2

あらすじ

僕、天乃翔太は理系タイプ。どんなことでも科学的に考える超理論派。そんな僕はこれから好きな人に告白をする。相手は同級生で成績優秀・容姿端麗の一片愛さん。計算によれば成功確率は0.00001%だ。「好きですっ」玉砕覚悟で想いを伝えると……。「つきあってもいいぞ、木星人の私でよければな」――告白する相手を間違えたorz。それは、愛さんの妹で「自称・木星人」として学校で有名な一片恋。誤解を解こうと思った矢先、今度は愛さんに「私と一緒に妹を守ってください!」と泣きながら頼まれてしまい……!?

その日から、僕と愛さんで電波な妹・一片恋の世話をする“いもうとがかり”な日々が始まった! お世話がかり系トライアングルラブコメ第一弾!

感想

『かぐや魔王式!』シリーズの著者、月見草平先生の新シリーズです。当初は2011年の1月発売予定だったと記憶してますが、半年以上の延期後9月に発売されました。その間に『かぐや魔王式!』も終了していたのでこの『いもうとがかり』が発売されるのを待ち遠しく思っていました。

自称宇宙人の電波少女がヒロインなので電波女と青春男に似た印象を受けますが、こちらは登場人物の数少なく、主人公と姉妹が中心に進行します。ストーリーは電波な少女に誤って告白して付き合うことになり主人公が誤りだったことを告げられず振り回されるというものです。

2巻以降出ることが確定しているからか今回はヒロインが木星人と名乗るようになったきっかけや、幼い頃主人公と出会ったときの詳しい話までは明らかにされませんでした。そのためか内容はちょっと薄いかなぁという印象を受けました。『かぐや魔王式!』の読んだ時に感じたスピード感や盛り上がりには及んでいない気がします。

月見先生の作品は好きなので長い目で見て次巻以降の盛り上がりに期待しようと思います。

スポンサーサイト
NEXT Entry
僕は友達が少ない7
NEW Topics
バカとテストと召喚獣10
豚は飛んでもただの豚?
しゅらばら!3
二次元の砦を守るには不本意ながら彼女が必要らしい
犯人は夜須礼ありす
Entry TAG
月見草平   MF文庫J   pun2  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カウンタ
ソーシャルライブラリー
プロフィール

シバツジ

Author:シバツジ
職業:システムエンジニア
趣味:ライトノベル、ネットゲーム、フィギュア、散歩


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。