ガラガラ池

| Archives
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトMF文庫J  »  僕は友達が少ない7
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MF文庫J
書名:僕は友達が少ない7
発売日:2011/9/21
著者:平坂読
イラストレーター:ブリキ

あらすじ

羽瀬川小鳩の誕生日パーティーも無事に(?)終わり、ふたたび学園祭に備えての活動を開始する隣人部のメンバーたち。紆余曲折の末、文化祭の出し物の内容は映画作りに決定し、脚本は夜空が担当することに。だが、やたらと小鷹との過去の関係を強調する夜空と他の女子部員たちとの間に不穏な空気が流れ始める。そんなおり、小鷹と星奈との間にも実は『特別な関係』があったことが発覚し、さらには隣人部のジョーカー、志熊理科までもが動き出す。大人気残念系ラブコメディ第7弾、リア充たちの祭典を前にして物語はついに佳境を迎える……かも。

感想

『僕は友達が少ない』シリーズの第7巻です。今期からアニメの放映も始まった絶好調なシリーズです。

今回のお話は、文化祭の出し物で映画を撮影することになった隣人部たちの活動をベースに小鷹と星奈が許嫁の関係であることが発覚したり、小鷹の中二病な妹小鳩の中等部での様子が見れたりします。そして最後の最後に理科がとんでもない爆弾を投下します。

今回もラブコメ色がさらに強くなるだけの巻かと思っていましたが、最後にいきなりシリアスになりました。理科の言動がによってこれから隣人部がどうなっていくのか気になります。小鷹はまだ隣人部の関係をこのまま続けたいと思っているようですが、ラブコメと銘打っている以上確実に次巻できがあるものと思います。私は理科が好きなのですが、小鷹が関係を進めるのは夜空と星奈のどちらかにはなるんだと思います。やっぱり誰か一人とくっつくとなるとほかのヒロインが報われないので、私はハーレムルートを推しておきます!それだとお話が進まないのでダメですが…。

とにもかくにも次巻の発売が待ち遠しい7巻でした。

ちなみにDVD付きの限定版を購入しましたが、まだ見ていません。TVアニメの方をもう少し見てから見たいと思いっています。感想は見たあとに追記したいと思います。

スポンサーサイト
NEXT Entry
この中に一人、妹がいる!5
NEW Topics
バカとテストと召喚獣10
豚は飛んでもただの豚?
しゅらばら!3
二次元の砦を守るには不本意ながら彼女が必要らしい
犯人は夜須礼ありす
Entry TAG
MF文庫J   平坂読   ブリキ  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カウンタ
ソーシャルライブラリー
プロフィール

シバツジ

Author:シバツジ
職業:システムエンジニア
趣味:ライトノベル、ネットゲーム、フィギュア、散歩


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。