ガラガラ池

| Archives
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトガガガ文庫  »  魔王っぽいの!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガガガ文庫
書名:魔王っぽいの!
発売日:2011/11
著者:原田源五郎
イラストレーター:nyanya

あらすじ

魔王、じゃなくて魔王っぽいの!

その美少女は名乗った。「我こそが……魔王っぽいの!」肝心なところが曖昧すぎる自己紹介だった。そして、そんなテキトーな存在に「勇者っぽいの」にされてしまった僕。「あくまで『っぽい』感じでいいから」的なノリで始まった、僕のぐだぐだな感じのファンタジーっぽい日常。まずは初級ダンジョンの作成……、じゃあ、おまえの家がダンジョンな!って、行き当たりばったりすぎる!

第3回小学館ライトノベル大賞、優秀賞受賞作家・原田源五郎の最新作は、魔王系コメディ!?

感想

最近多いですね、ヒロインが魔王なライトノベル。この作品は魔王っぽいから別物かもしれませんが…

ヒロインのマノは魔王っぽい存在として自分が担当する世界で勇者と戦い伝説を残すという使命を帯びており、ひょんなことから主人公の颯太を勇者に設定し任務遂行しようとします。しかしこのマノは戦闘能力だけは高いのですが、相当なドジっ子でやることなすこと失敗ばかり、勇者に設定した颯太にまで心配されて協力されてしまうというポンコツぶりを発揮します。とにかく現代日本の世界にやってきたマノは不運です。モンスターもダンジョンにできそうな洞窟や廃墟も何もありません。且つ本人もダメダメとくるともうギャグにしかなりません。

設定は面白いなと思ったのですが、やることがショボすぎて逆に面白くない話が多かった印象です。もっと大きな事件や騒ぎをおこしたほうが面白かったかなぁと。ラストの大魔王との対戦もあっさり終わってしまって尻すぼみしてしまった感じです。どうやら続きがありそうな終わり方だったので次巻に期待します。

スポンサーサイト
NEXT Entry
魔王なあの娘と村人A2
NEW Topics
バカとテストと召喚獣10
豚は飛んでもただの豚?
しゅらばら!3
二次元の砦を守るには不本意ながら彼女が必要らしい
犯人は夜須礼ありす
Entry TAG
ガガガ文庫   原田源五郎   nyanya  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カウンタ
ソーシャルライブラリー
プロフィール

シバツジ

Author:シバツジ
職業:システムエンジニア
趣味:ライトノベル、ネットゲーム、フィギュア、散歩


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。