ガラガラ池

| Archives
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト一迅社文庫  »  萌えるゴミは火曜日に。2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一迅社文庫
書名:萌えるゴミは火曜日に。2
発売日:2011/11/19
著者:川波無人
イラストレーター:瑠奈璃亜

あらすじ

悪徳清掃会社を壊滅させ、平穏な日常を取り戻したかに見えた英継(勇者)たち。ふたたび同居することになった魔亜子(魔王)との仲も前進かと思いきや、新たな火種が生まれていた。転校生の美少女・灰塚一藍の猛烈アタックにタジタジの英継。怒り心頭の魔亜子はヤンキー姿に逆戻りしてしまう。一方、怪しい噂を調査していた五月雨は何者かによる超常現象を突き止めるが……。分別上等ドタバタ学園ラブコメ第2弾!

感想

『萌えるゴミは火曜日に。』シリーズの第2巻です。またまたヒロインが魔王のライトノベルです。設定はそれぞれの作品ごとに違いますが、最近本当に多いですね。

あらすじに再びヒロインの魔亜子が英継の家に同居しはじめたということで、魔亜子との仲が進展するかと思いきや…とありますがなんだかんだ言って進展するのだろうと思ってましたがあらすじに違わず本当にほとんど進展しませんでした。主人公はほとんどが新キャラとの絡みでその次にメイドアンドロイドのみーちゃん、その次に冥皇先生の順に絡みが多く、メインヒロインであるはずの魔亜子とは前編通してほぼケンカ状態でした。個人的にカツラを外した状態の優しい女の子な魔亜子が好きだったので2巻こそはたくさん見られると期待していただけに残念です。

ストーリーは相変わらずくだらない理由で事件が起こることには変わりないのですが、その事件も新キャラ登場させるためだけの取って付けたようなイベントであまり興味を惹かれるものではありませんでした。

次巻こそは魔亜子との仲が進展するようなお話になるといいなと思います。

スポンサーサイト
NEXT Entry
俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件
NEW Topics
バカとテストと召喚獣10
豚は飛んでもただの豚?
しゅらばら!3
二次元の砦を守るには不本意ながら彼女が必要らしい
犯人は夜須礼ありす
Entry TAG
一迅社文庫   川波無人   瑠奈璃亜  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カウンタ
ソーシャルライブラリー
プロフィール

シバツジ

Author:シバツジ
職業:システムエンジニア
趣味:ライトノベル、ネットゲーム、フィギュア、散歩


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。