ガラガラ池

| Archives
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトMF文庫J  »  つきツキ!5
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MF文庫J
書名:つきツキ!5
発売日:2011/11/24
著者:後藤祐迅
イラストレーター:梱枝りこ

あらすじ

「共に参りましょう――わたくしたちの失楽園へ!」そう言って現れたかおるん。聖の家から逃げ出してきたという彼女をかくまうため、オレたちはうちの別荘に向かうことにした。途中でかおるんの遊園地初体験を手伝ったりして束の間のデート気分を味わうオレたちだが、当然ながらルナやマキナや聖たちが追いかけてきて、水着での川遊びやお祭りに一緒に行くことになる。だが、かおるんは彼女たちに思うところがあるようで、時折寂しげな表情を浮かべ……。「南条様、エッチなツンデレに構わず、デートの続きをしましょう」「誰がエッチなツンデレよ!」学園ハートフルラブコメ第五弾!違う道を歩いてきたふたり。けれど、心に秘めた想いはどこか同じで――。

感想

『つきツキ!』シリーズ第5巻です。いつのまにかもう5巻まで出たんだなぁという印象。ドラマCDも同時発売だそうで、こちらも買う予定です。

今巻は表紙にもなっているかおるんメインの回でした。『つきツキ!』シリーズはブレませんね。今回もいつもと同じような展開でメインキャラと主人公がイチャイチャする→ほかのヒロインたちも黙っていない→ヒロイン全員とイチャイチャする→メインキャラの過去話や問題などが明らかになる→メインキャラの問題解決!→次回への引きという流れです。単純ですがこのジャンルの作品として安定感があり作品のカラーとしてこのまま続けて行って欲しいです。

今巻でかおるんも主人公に惚れて順調にハーレム要員を増加させています。次回への引きでは以前から主人公にキのある素振りを見せていた同級生の南さんが参戦するようでこちらも注目したいです。また『悪魔』や『退魔師』の対決もテーマとして物語に絡んできそうな雰囲気で、だんだんとシリアスになるのかも…と思わせておいていつもの『つきツキ!』で続いていくと予想しています。

ドラマCDが同時発売されており本を読み終わった後、気になったのでAmazonで注文しました。こちらも視聴後に感想を追記できたらと思います。

スポンサーサイト
NEXT Entry
キミはぼっちじゃない!
NEW Topics
バカとテストと召喚獣10
豚は飛んでもただの豚?
しゅらばら!3
二次元の砦を守るには不本意ながら彼女が必要らしい
犯人は夜須礼ありす
Entry TAG
MF文庫J   後藤祐迅   梱枝りこ  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カウンタ
ソーシャルライブラリー
プロフィール

シバツジ

Author:シバツジ
職業:システムエンジニア
趣味:ライトノベル、ネットゲーム、フィギュア、散歩


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。