ガラガラ池

| Archives
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトMF文庫J  »  キミはぼっちじゃない!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MF文庫J
書名:キミはぼっちじゃない!
発売日:2011/11/24
著者:小岩井蓮二
イラストレーター:鳴瀬ひろふみ

あらすじ

稲葉悠大にはロリコン疑惑があった。幼女のパンツを手にさまよっていれば誰だってそう思うことだった。決定的な場面を見られてしまい、警察に通報されそうになる悠大だが、これにはとある訳があった! ――子育て。そう、悠大は幼なじみのしおりと二人で、五歳のリリィを本当の両親が見つかるまで育てているのだった。……これなんていい話? ドS少女ほのかや委員長に妨害……いや助けられながらもハ~トフルな子育て日誌を開始するが、悠大をストーカーする電波少女・エレナが衝撃の事実を告白してきて!? 新世代ロンリーボーイ・ミーツ・ロンリーガールラブコメディ!

感想

第7回MF文庫J新人賞受賞作品の『キミはぼっちじゃない!』です。タイトルから最近流行りの《ぼっち》をテーマにした作品かと思いましたが、《家族》がテーマのお話でした。

第7回新人賞は豊作だと個人的に思います。前月発売している『Tとパンツとイイ話』と『正捕手の篠原さん』は両方とも好みな作品でしたが、この『キミはぼっちじゃない』も自分好みで面白かったです。

この作品のストーリーの大筋は主人公と幼馴染ヒロインが自分たちのことを両親だと思い込んでいるリリィの本当の親探しをすることなのですが、私が感じた見どころは主人公と幼馴染ヒロインの夫婦っぷりを堪能できるとこだと思います。こういう主人公とヒロインがバカップルで・・・という作品は良くあるのですが、この作品ではエレナというぼっちな少女(異世界人なのでしょうがないのですが)が主人公とヒロインとイチャイチャぶりをずっと見せつけられてイラつくという構図がありそれが面白いです。

最後は主人公とヒロインが暮らす家にエレナも一緒に住む事になるのですが、初日からエレナが目に入ってないかのようなイチャイチャぶりを見せつけられて、これからの彼女の生活がものすごく心配になります

エレナの「リア充爆発しろ!」というセリフに同情を禁じ得ない、そんな作品でした。

スポンサーサイト
NEXT Entry
おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!2
NEW Topics
バカとテストと召喚獣10
豚は飛んでもただの豚?
しゅらばら!3
二次元の砦を守るには不本意ながら彼女が必要らしい
犯人は夜須礼ありす
Entry TAG
MF文庫J   小岩井蓮二   鳴瀬ひろふみ  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カウンタ
ソーシャルライブラリー
プロフィール

シバツジ

Author:シバツジ
職業:システムエンジニア
趣味:ライトノベル、ネットゲーム、フィギュア、散歩


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。