ガラガラ池

| Archives
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト電撃文庫  »  僕と彼女のゲーム戦争2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電撃文庫
書名:僕と彼女のゲーム戦争2
発売日:2011/12/10
著者:師走トオル
イラストレーター:八宝備仁

あらすじ

現代遊戯部の4人目のメンバーは、かなり強気な金髪ロリ巨乳!?

転入先の高校で、現代遊戯部ことゲーム部に入部する岸嶺健吾。美人生徒会長・天道しのぶや変態教師・瀬名とともに楽しい日々を過ごしつつ、彼らは同好の士を探していた。目標とするゲーム大会のチーム戦に参加するには、部員が一人足りないのだ。そして四人目のメンバー候補として現れたのは、強気な金髪ロリ巨乳の少女だった……。

有名ゲームが実名で登場する話題の人気シリーズ、待望の第2巻! リアルなゲームプレイシーンはエキサイト必至!!

感想

『僕と彼女のゲーム戦争』の第2巻です。今回は1巻のラストで登場した杉鹿まどかが現代遊戯部の4人目の仲間になるというお話です。

この小説は実名ゲームを登場人物たちがプレイするのがメインテーマとなっており、その描写については煽り文句にあるように忠実になされています。専門用語も多数登場するのですが、解説が丁寧なので家庭用ゲームをほとんどやらない私でも概ね理解することが出来ました。今巻では物語の途中に出てきた《ラグ》について、巻末のおまけ小説で解説をしてくれています。

杉鹿まどかの許嫁という平泉が明らかな悪役キャラで、これをゲーム勝負で打ち負かすというストーリーは爽快感がありました。また、平泉が雇った《宵闇の魔術師》こと権田原は強敵で、これにチーム一丸となって立ち向かい勝利したのは達成感がありました。

主人公の岸嶺がクサいセリフを臆面もなく杉鹿に言い、彼女が恥ずかしがるという所がまどかの可愛さをうまく表現できていて良かったと思います。一方で今巻は杉鹿まどかがヒロインの回だったためか、部長の天道しのぶとの絡みはあまり有りませんでした。今巻の最後に主人公は杉鹿まどかのフラグを立てていたので、今後天道しのぶとの関係もどう進展するかに注目したいと思います。

スポンサーサイト
NEXT Entry
さくら荘のペットな彼女6
NEW Topics
バカとテストと召喚獣10
豚は飛んでもただの豚?
しゅらばら!3
二次元の砦を守るには不本意ながら彼女が必要らしい
犯人は夜須礼ありす
Entry TAG
電撃文庫   師走トオル   八宝備仁  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カウンタ
ソーシャルライブラリー
プロフィール

シバツジ

Author:シバツジ
職業:システムエンジニア
趣味:ライトノベル、ネットゲーム、フィギュア、散歩


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。