ガラガラ池

| Archives
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト電撃文庫  »  さくら荘のペットな彼女6
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電撃文庫
書名:さくら荘のペットな彼女6
発売日:2011/12/10
著者:鴨志田一
イラストレーター:溝口ケージ

あらすじ

さくら荘がなくなってしまう!?絶好調の青春学園ラブコメ、波乱の第6弾!

今年度限りでさくら荘がなくなる──理事会が下した決断に、ショックを隠しきれない俺たち寮生。理由は建物の老朽化だというが、なぜこんなに急に……? もちろん納得できない俺たちは、学内で決定撤回の署名活動を行うことにする。その最中、寮がなくなる本当の理由が、世界的天才画家であるましろにあることが分かる。つまり、ましろが寮から出て行けば、さくら荘は存続する。だけど、それでいい訳ないだろ!?  必死に署名を集める俺たちだが、龍之介は「絶対に集まらない」と手伝わないし、俺のゲーム企画の最終審査結果と七海のオーディション結果もついに発表になる。そして近付く卒業式、果たして俺たちは、美咲先輩と仁さんを笑顔で送り出すことは出来るのか──!?  変態と天才と凡人が織りなす青春学園ラブコメ、波乱必至の第6弾登場!

感想

『さくら荘のペットな彼女』シリーズ第6巻。今巻は5巻終了直後からの続きで2月後半から美咲と仁の卒業式までの期間のお話です。

6巻は前巻のラストで明らかになったさくら荘の取り壊しの決定覆すことを軸に空太のゲーム企画の当落、七海のオーディション合否、そして卒業式と盛り沢山の巻でした。

今巻の私が最大の見どころだと思ったシーンは、卒業式のシーンです。卒業式では美咲が卒業生代表の答辞を述べるのですが、その内容はさくら荘に美咲がやってきてから他の住人が増えていく過程、今のメンバーになった後の思い出を語るもので、それを聞いていた誰もが自分の学生生活に当てはめて感情が高まります。私自身も自分の学生生活を思い出して懐かしい気持ちになりました。本当に感動的な答辞だったと思います。

そして卒業式が終わった後には仁が大阪へ、美咲が大学進学のためそれぞれさくら荘から旅立っていくところで今巻は終わります。もう最終回ばりの綺麗な終わり方でしたが、あとがきで鴨志田先生はさくら荘は大きな節目を迎えたが、最終巻ではないと言っており、まださくら荘は続くようです。今後は空太、ましろ、七海の3人の関係や、それぞれの将来について描かれているのかなと予想されます。

あと帯にてドラマCD化企画が進行していると告知がありました。キャストや発売時期等今後の情報に注目したいと思います。

スポンサーサイト
NEXT Entry
生徒会探偵キリカ1
NEW Topics
バカとテストと召喚獣10
豚は飛んでもただの豚?
しゅらばら!3
二次元の砦を守るには不本意ながら彼女が必要らしい
犯人は夜須礼ありす
Entry TAG
電撃文庫   鴨志田一   溝口ケージ  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カウンタ
ソーシャルライブラリー
プロフィール

シバツジ

Author:シバツジ
職業:システムエンジニア
趣味:ライトノベル、ネットゲーム、フィギュア、散歩


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。