ガラガラ池

| Archives
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト講談社ラノベ文庫  »  生徒会探偵キリカ1
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講談社ラノベ文庫
書名:生徒会探偵キリカ
発売日:2011/12/2
著者:杉井光
イラストレーター:ぽんかん⑧

あらすじ

僕が入学してしまった高校は、生徒数8000人の超巨大学園。

その生徒会を牛耳るのは、たった三人の女の子だった。女のくせに女好きの暴君会長、全校のマドンナである副会長、そして総額八億円もの生徒会予算を握る不登校児・聖橋キリカ。生徒会長によってむりやり生徒会に引きずり込まれた僕は、キリカの「もうひとつの役職」を手伝うことになり……生徒会室に次々やってくるトラブルや変人たちと戦う日々が始まるのだった!

愛と欲望と札束とセクハラが飛び交うハイテンション学園ラブコメ・ミステリ、堂々開幕!

感想

今月2011年12月2日に創刊された講談社ラノベ文庫より『生徒会探偵キリカ』です。『神様のメモ帳』や『剣の女王と烙印の』等レーベルの垣根を越えて活躍している杉井光先生の新シリーズです。

杉井光の探偵モノと聞いて真っ先に既に『神様のメモ帳』があるじゃないかと思いましたが、本作とは全然方向性が違います。あとがきで著者も『神メモ』は学校に行かない探偵モノ、『キリカ』は生徒会を題材とした物語と説明しているとおり、この作品のメインテーマは生徒会です。巨大学園というのはよくある設定ですが、その学校の莫大な予算にスポットを当てたお話というのは目新しさを感じました。

ヒロインのキリカは学校に登校はしてるけれど授業にはでない生徒会室登校の無口な女の子です。不登校という意味では神メモのアリスと似ていますが、彼女の饒舌なところは正反対です。そんな無口なキリカなので主人公のひかげとの会話はあまり多くはありません。ただし、主人公のひかげと同じ名前をつけたウサギのひかげに話しかけることで間接的に主人公と会話をします。このためキリカが主人公に言ってることをウサギに言っていると主人公が勘違いをするので、事件解決後のやりとりで「主人公と一緒にいたい」という告白をいともあっさりスルーしており上手い設定だなと思いました。

ストーリーの方も生徒会予算の8億円を使って株式市場で投資をするというハラハラする展開でとても面白かったです。タイトルの後ろに1を冠していることから続編があることは確定しているようですので次巻以降も購入したいと思います。

スポンサーサイト
NEXT Entry
彼女がフラグをおられたら 俺この転校が終わったら、あの娘と結婚するんだ。
NEW Topics
バカとテストと召喚獣10
豚は飛んでもただの豚?
しゅらばら!3
二次元の砦を守るには不本意ながら彼女が必要らしい
犯人は夜須礼ありす
Entry TAG
杉井光   講談社ラノベ文庫   ぽんかん⑧  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カウンタ
ソーシャルライブラリー
プロフィール

シバツジ

Author:シバツジ
職業:システムエンジニア
趣味:ライトノベル、ネットゲーム、フィギュア、散歩


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。