ガラガラ池

| Archives
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトファミ通文庫  »  東雲侑子は短編小説をあいしている
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファミ通文庫
書名:東雲侑子は短編小説をあいしている
発売日:2011/9/30
著者:森橋ビンゴ
イラストレーター:Nardack

あらすじ

正直な話、もう認めざるを得ないと思う。俺は――東雲侑子の事が好きなのだ。

何事にも無気力、無関心な毎日を過ごす高校生、三並英太。楽そうだからという理由だけで図書委員になった彼は、ともに委員を務める東雲侑子の熱のない静けさに、自分の空虚さに似たものを感じていた。しかし偶然彼女の秘密を知ってしまったことから、自分との違いを思い知らされる英太。だが、その秘密のために、彼女と距離を縮めることとなり、失ったはずの感情に胸を締めつけられていく……。早熟な少年少女に贈る、もどかしく苦いラブストーリー。

感想

ファミ通文庫のオフィシャルWebマガジンFB Onlineに連載されていた森橋ビンゴ先生の作品です。私は連載時から存在は知っていたのですが、単行本化した後にまとめて読もうと思っていた作品です。先日ついに単行本が発売されましたですぐに購入してきました。

主人公の三並英太は部活動への所属が必須である高校で楽をするために入った図書委員会でヒロインの東雲侑子に出会います。そこで主人公は偶然文芸雑誌に掲載された侑子の写真を見つけ、侑子が小説家で有ることを知ります。侑子は短編小説ばかり書いている小説家で、担当編集から長編も書いてみるようにすすめられています。彼女には短編小説をあいする理由が有って、なかなか長編小説を書きたがりません。恋愛小説の長編を書こうと決意し、その取材のため主人公に付き合って欲しいと告げます。最初は疑似恋人の関係でしかなかった二人ですが、何を考えているのか良く分からない侑子にだんだんと主人公は惹かれていきます。

この作品は主人公の性格とヒロインの性格のせいかすごく淡々とした文章でサクサク読みすすめられます。文章は淡々と進みますが、二人とも不器用なのですれ違いお互いの気持ちがわからなくなってしまったりする、純度の高い恋愛小説です。

最後は綺麗にまとめられていますが、ちょっと急展開だったかなと思いました。もう少し長くこの作品を読んでいたかったなあという気持ちか…。若い人から年齢が高めの人まで幅広くオススメできる作品だと思います。

森橋先生の次回作に期待したいです!

追記

東雲侑子は短編小説をあいしている2巻が12月26日に発売だそうです。今から楽しみです。

スポンサーサイト
NEXT Entry
彼女に耳としっぽがついてる理由を説明できない。2
NEW Topics
バカとテストと召喚獣10
豚は飛んでもただの豚?
しゅらばら!3
二次元の砦を守るには不本意ながら彼女が必要らしい
犯人は夜須礼ありす
Entry TAG
森橋ビンゴ   ファミ通文庫   Nardack  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カウンタ
ソーシャルライブラリー
プロフィール

シバツジ

Author:シバツジ
職業:システムエンジニア
趣味:ライトノベル、ネットゲーム、フィギュア、散歩


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。