ガラガラ池

| Archives
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト電撃文庫  »  はじめてのクソゲー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電撃文庫
書名:はじめてのクソゲー
発売日:2011/9/10
著者:麻宮楓
イラストレーター:ネムネム

あらすじ

クソゲーが好きな女の子って……、ヘン、かな?

目当ての国民的ゲームが売り切れたその日、何気なく目に入った一本のゲームソフト。それはありとあらゆるバグだらけのクソゲーだったけど、その出会いはまさに運命であり、人生の分岐点とも言え、長く険しい道のりの記念すべき第一歩だった──。

そして、そのクソゲーのおかげで仲良くなったクラス委員長のユッキーは、実は──。

麻宮楓が贈るハートフル・バグコメディ、スタート!

感想

最近流行の?女の子とゲームする系のライトノベルです。ただしこのお話でプレイするゲームはバグ満載のクソゲーです。

メジャーゲームが大好きな主人公は買おうと思っていた新作ゲームが売り切れで買えず、変わりに買った『インフィニットダークネス』というRPGをプレイします。このゲームはとんでもないバグが満載のクソゲーで主人公は最初の町から出ることもできないままプレイを諦めます。そして主人公が自身のブログに、このゲームのことを感情のままに酷評したところ、クソゲー大好きなクラス委員長のヒロインにブログの管理人が主人公であることがバレてしまい、彼女に挑発されるままクソゲーの攻略に乗り出します。

このお話はほとんどが主人公のクソゲーのプレイ日記とヒロインとのチャットで進んでいき、主人公とヒロインがほとんど直接会話しません。バグの内容はほとんど進行不可能に思えるモノが多々あり、商業ゲームでこんなにバグ満載な事があるのかとちょっと現実味のなさが気になりましたが、笑えるバグが満載でプレイ日記部分は面白かったです。

ヒロインの天野雪緒は小さい頃に主人公からクソゲーをプレゼントされて以来クソゲーが大好きになったらしいのですが、どういうプロセスで好きになったのかいまいち説明不足で良く分かりませんでした。

スポンサーサイト
NEXT Entry
魔王なあの娘と村人A~幼なじみは勇者です~
NEW Topics
バカとテストと召喚獣10
豚は飛んでもただの豚?
しゅらばら!3
二次元の砦を守るには不本意ながら彼女が必要らしい
犯人は夜須礼ありす
Entry TAG
麻宮楓   ネムネム   電撃文庫  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カウンタ
ソーシャルライブラリー
プロフィール

シバツジ

Author:シバツジ
職業:システムエンジニア
趣味:ライトノベル、ネットゲーム、フィギュア、散歩


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。