ガラガラ池

| Archives
ホーム   »  感想
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファミ通文庫
書名:東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる
発売日:2011/12/26
著者:森橋ビンゴ
イラストレーター:Nardack

あらすじ

わたしは本当に、あの人のことが、憎くて憎くて、ならないのです。

2年に進級した英太と東雲。東雲との関係が公になったことで心なしか賑やかな学校生活になってきた英太とは対照的に、東雲は初めてのスランプに陥っていた。そんな折、演劇部の女子喜多川が、「学園祭の舞台の脚本を東雲さんにお願いしたい」と英太に頼み込んでくる。その頼みを気分転換も兼ねて引き受けることにする東雲だが、思うように筆の進まない東雲と、奔放な喜多川に振り回される英太は少しずつすれ違っていき……。もどかしく苦い、第2章。

感想

森橋ビンゴ先生の『東雲侑子は短編小説をあいしている』の第2章です。1巻タイトルにナンバリングするのではなくタイトルそのものが変わっていますのでご注意を。

今巻は前巻の終わり10ヶ月ほど経過し、主人公たちが2年生になった直後から開始します。主人公の英太と東雲が交際していることが公になるが、二人の仲はなかなか進展しない…というお話です。いわゆる公認カップルになったので普通のライトノベルならイチャイチャしたりバカップルになったりしそうなものですが、この『東雲侑子』シリーズはライトノベルらしからぬ恋愛小説でありそのようなことは起こりません。もちろん主人公の英太もヒロインの侑子も淡々とした性格なのでそういうことにならないのは予想の範疇でしたが。

英太も侑子もお互いに言葉数が多い方ではなく、お互いを気遣いすぎるがゆえにすれ違う展開はとてももどかしく、主人公に絡む女性キャラクタが現れたこともあり二人の関係がどうなるのかとハラハラしました。

この作品は一人称で書かれているので、主人公の英太が侑子や周りの登場人物の想いを測りかねて苦悩する心情がよく伝わってくるので非常に感情移入しやすいです。英太はヒロインの侑子に対する思いをあまり口にはしないのですが、地の文では何度も「東雲が好きだ」と宣言しており他の女性には目もくれず一途に想い続けているところが良いです。好感が持てます。ただし今巻では自分の想いを口に出すことはあまりないという点が要因となり侑子とのすれ違いが生まれてしまいますが、英太は自分の想いをきちんと伝えていないことに気づき、侑子のもとに向かい想いを伝えます。普段は淡々とした性格で何物にも興味を示さない主人公が東雲侑子のこととなると気遣ったり、思い悩んだり、熱くなったりして本当にヒロインのことを好きなんだなぁと感心しました。

今巻でも本作の特徴である章ごとに挿入される短編小説に侑子の気持ちがストレートに詰まっており、それを物語の終盤で主人公が読み、心うたれるという演出は素晴らしいです。侑子の今までの気持ちを告白し、主人公もこれからは自分の想いに正直になると決意する最後のシーンでは安堵すると共に心うたれました。読み終わった後には自分のことのようにうれしくなるくらい感情移入をしていました。最高のお話だったと思います。

あとがきを読むとこの『東雲侑子』シリーズには更に続きがあるらしく、次は来春に出るとのことで、今から待ち遠しくて仕方ありません。


MF文庫J
書名:あまとう! 七瀬甘るりに不合格祈願
発売日:2011/12/21
著者:二階堂紘嗣
イラストレーター:(さんかく)

あらすじ

高校二年の俺、葉山一樹は転校先の学校で変わった女子と鉢合わせた。というか押し倒された。事故により。それで俺は彼女……七瀬甘るりの泣き顔を超・間近で見てしまったのだ。その後、なぜか七瀬の罠にかけられた俺は同学年の嬉野さん(着痩せするタイプ)と七瀬の三人で部活を始めることになってしまう。協力する気はないという俺のまっとうな主張は無視。どんな女王様だ! ――でも俺はわかっていなかった。七瀬が、マジで、世界だって変える気でいるってことを。あの時、あの場所で、七瀬を受け止めた瞬間から、全ては始まっていたわけだ。「ノー・プロブレム! ちゃんとトラウマにしてあげるから!」予測不能の学園ラブコメディ!!

感想

二階堂紘嗣先生の新作です。タイトルだけ読むとどういうお話なのか想像がつきにくいですが、解散寸前の軽音楽部のお話です。

まず一番気になった点はタイトル、最期まで読みましたがタイトル、サブタイトル含め内容とは全く関係なかったところで、どこかでタイトルと関連する事項が出てくるのかと考えながら読んでいたのですが肩透かしを喰らいました。あとは併せて帯の煽り文句にもなっているヒロインの「ちゃんとトラウマにしてあげるから!」というセリフも結局どういう意味だったのかよくわかりませんでした。主人公の過去のトラウマと何か関係があるのか…?

内容はよくある青春モノで、この作品の特徴をあげるならば美人な振り回し型メインヒロイン、内気な巨乳ヒロインに毒舌な従妹というヒロインの配置がバランス良い点だと思います。私は特に毒舌な従妹がお気に入りで、作中に挿入された過去の話も従姉妹の現在の気持ちを良く表す演出となっており良かったです。

読んでいる途中で主人公が自分は音痴だと思い込んでいることを克服していく成長過程も見られるのかなと期待していたのですが、今巻のテーマは解散寸前の軽音楽部はの存続であったため、成長についてはさわりの部分だけとなっていました。次巻ではどれほど主人公が音痴を克服するのかという点とそれぞれのヒロインとの関係がどう変わっていくのかに注目したいと思います。


ガガガ文庫
書名:女子高生店長のコンビニは楽しくない
発売日:2011/12/17
著者:明坂つづり
イラストレーター:茶みらい

あらすじ

女子高生に扮してバイトをするぼく……!

チョコマート篠町つつじヶ丘店。ここは女子高生である支倉こももが訳あって、店長を務めているコンビニ。クラスメイトであるこもものことが好きなぼくは、2学期からは転校することがすでに決まっている。この夏休みをどう過ごすべきか大いなる決断をすることに。ぼくは女装をしてバイトすることを決断したのだ!

ちょっと興奮している。いやいやハッキリ言おう――ムラムラしていると!

第5回小学館ライトノベル大賞<審査員特別賞>受賞の明坂つづり待望の新作!

感想

女子高生が店長をやってるコンビニで女装してバイトをするという設定に惹かれて買ってみました。設定は今までにないもので真新しさを感じましたが内容はちょっと微妙でした。

主人公はクラスメイトで舞台となるコンビニで店長をしている支倉こももに思いを寄せており、転校前の夏休みの間に仲良くなって思い出を作りたいという気持ちでコンビニでバイトをするのですが、あまりにも消極的すぎるなぁと思います。転校が決まっていて後がないわけですから、思い切った行動も逆に取れるというもの。まぁ女装してバイトするというのが肝のこの作品でこういうツッコミは野暮なのかもしれませんが…

またコンビニでバイトをしているメンバーがひどいです。新人教育もできないベテランバイトに突っ立ってるだけで何もしない無口なバイト等、経営状況が悪いのに良くこんなメンバーでやってるなぁと突っ込みたくなります。(本編でもチェーン本部の社員からつっこまれてます。)キャラクターが個性的でもこう不真面目なキャラだと思い入れがあまり出来なかったです。真面目に仕事やっているがそれでも経営不振で、それをみんなで打開するという話であれば共感できたかなぁという感じでした。

最後は主人公が女装をやめて問題解決を図り引越しもなくなりますが、主人公は女装したまま且つヒロインも主人公が男だということに気づかない鈍感っぷりでしたので続きが出るとしたらまた同じ関係で行くのだと思います。


講談社ラノベ文庫
書名:彼女がフラグをおられたら 俺この転校が終わったら、あの娘と結婚するんだ。
発売日:2011/12/2
著者:竹井10日
イラストレーター:CUTEG

あらすじ

フラグ--それは、人生において大事な分岐点を示す道しるべ。

主人公・旗立颯太は、ひょんなことから他人のフラグが「目視」できるようになってしまった高校生。転校したての颯太は、右も左もわからない環境の中でとにかく近づいてくるヒロインたちの「恋愛フラグ」をついつい折りまくってしまう。その奇妙な行動に興味をもった美少女たちが、なんと颯太と同じ屋根の下で暮らすことが決定。女子7人との寮生活で折っても折ってもわき上がってくる恋愛フラグにいい加減うんざりしていた颯太だったが、ひとつとんでもないフラグを見つけてしまう。それは……!?

竹井10日が贈るハートフルラブコメディ。あなたのフラグは何色ですか?

感想

講談社ラノベ文庫の創刊時に発売された作品の一つで『東京皇帝☆北条恋歌』シリーズや『らき☆すた』のノベライズで有名な竹井10日先生の新作です。

地の文でのボケとツッコミや、パロディ等がたくさんある竹井10日先生らしい作品でした。ストーリーはゆるーい感じに進んでいくのですが、最後にはちょっとシリアスな感じで締めており次巻への引きとなっています。とはいえ基本はまったりとした内容です。

恋愛フラグや死亡フラグ、友情フラグなど様々なフラグが見える主人公がその能力のせいであまり他人とはかかわらないようにして生きていたのですが、転校を契機にちょっと変わった人たちと共同生活を送る事となり、友情や恋愛をしていくというストーリーで変なキャラクターたちや、主人公の自虐を中心としたギャグが多めになっているので、そういうのが好きな人には面白い作品だと思います。ジャンルはラブコメとなっていますがそういう要素は今巻では少なく、後半になって少しはある程度でした。多分次巻以降はその要素が強まっていくのだと思います。


講談社ラノベ文庫
書名:生徒会探偵キリカ
発売日:2011/12/2
著者:杉井光
イラストレーター:ぽんかん⑧

あらすじ

僕が入学してしまった高校は、生徒数8000人の超巨大学園。

その生徒会を牛耳るのは、たった三人の女の子だった。女のくせに女好きの暴君会長、全校のマドンナである副会長、そして総額八億円もの生徒会予算を握る不登校児・聖橋キリカ。生徒会長によってむりやり生徒会に引きずり込まれた僕は、キリカの「もうひとつの役職」を手伝うことになり……生徒会室に次々やってくるトラブルや変人たちと戦う日々が始まるのだった!

愛と欲望と札束とセクハラが飛び交うハイテンション学園ラブコメ・ミステリ、堂々開幕!

感想

今月2011年12月2日に創刊された講談社ラノベ文庫より『生徒会探偵キリカ』です。『神様のメモ帳』や『剣の女王と烙印の』等レーベルの垣根を越えて活躍している杉井光先生の新シリーズです。

杉井光の探偵モノと聞いて真っ先に既に『神様のメモ帳』があるじゃないかと思いましたが、本作とは全然方向性が違います。あとがきで著者も『神メモ』は学校に行かない探偵モノ、『キリカ』は生徒会を題材とした物語と説明しているとおり、この作品のメインテーマは生徒会です。巨大学園というのはよくある設定ですが、その学校の莫大な予算にスポットを当てたお話というのは目新しさを感じました。

ヒロインのキリカは学校に登校はしてるけれど授業にはでない生徒会室登校の無口な女の子です。不登校という意味では神メモのアリスと似ていますが、彼女の饒舌なところは正反対です。そんな無口なキリカなので主人公のひかげとの会話はあまり多くはありません。ただし、主人公のひかげと同じ名前をつけたウサギのひかげに話しかけることで間接的に主人公と会話をします。このためキリカが主人公に言ってることをウサギに言っていると主人公が勘違いをするので、事件解決後のやりとりで「主人公と一緒にいたい」という告白をいともあっさりスルーしており上手い設定だなと思いました。

ストーリーの方も生徒会予算の8億円を使って株式市場で投資をするというハラハラする展開でとても面白かったです。タイトルの後ろに1を冠していることから続編があることは確定しているようですので次巻以降も購入したいと思います。

カウンタ
ソーシャルライブラリー
プロフィール

シバツジ

Author:シバツジ
職業:システムエンジニア
趣味:ライトノベル、ネットゲーム、フィギュア、散歩


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。